サポート

SIMATIC Manager S7マニュアル



通信設定

⇒【SIMATICマネージャー】を開き【Options - Set PG/PC Interface】を選択します。

Options - Set PG/PC Interface


接続方法

接続方法を選択します。(下図ではTCP/IP)
接続確認のテストを行います。
③OKを押して設定完了です。



【Test】をクリックすると接続テストが行われます。

接続テストボタンをクリック


アップロード(PLC内にソフトが存在しない場合)

⇒SIMATICマネージャを開き【File - New】を選択します。

File - New


⇒プロジェクトの名前を付けます(例ではsample_01)。付けたら【OK】をクリックします。

プロジェクト名をつける


⇒付けた名前のプロジェクトが出来上がります。

新規プロジェクトの完成


⇒SIMATICマネージャから、【PLC - Upload Station to PG】を選択します。

PLC - Upload Station to PG


⇒パソコンと接続しているモジュールの【Rack】【Slot】を合わせ、【View】ボタンをクリックします。

モジュール


⇒アクセス可能なモジュールが表示されますので、【OK】をクリックします。

アクセス可能なモジュールの表示


⇒PLCの内容がパソコンに転送されて完了です。

PLCの内容がパソコンに転送される


比較

パソコンの中にあるプロジェクトと、PLCの中のプロジェクトを比較します。


⇒まずはプロジェクトを開き【Blocks - Compare Blocks】を選択します。

Blocks - Compare Blocks


【Compare】をクリックすると、比較が始まります。

「Compare」ボタンをクリック


⇒比較結果が表示されます。(DBは基本的に差異が検出されます。)

比較結果の表示


ダウンロード

⇒プロジェクトを開き、ダウンロードしたいブロックを選択、【Download】をクリックします。

ダウンロードしたブロックを選択


⇒既に開いているブロックをダウンロードする場合は、必ずセーブしてからダウンロードしてください。

セーブ


⇒上書き確認のウィンドウが出てくるので、【Yes】をクリックして完了です。

上書き確認のウインドウ

   

検索

特定のアドレスがソフトのどこで使用されているかを調べます。


⇒対象アドレスを右クリックし、出てきたメニューから【Go To - Location】を選択します。

対象アドレスを右クリック


⇒ウィンドウが出てきて、使用先一覧が表示されます。

使用先一覧


⇒リストから選んでダブルクリックすると、実際の使用先が確認出来ます。

実際の使用先


⇒上の選択をダブルクリックした時のジャンプ先です。【FC2】の【NW3】が表示されています。

「FC2」の「NW3」が表示

モニタ

⇒モニタしたいブロックを開き、Monitorボタン(眼鏡マーク)をクリックします。

モニタしたいブロックを開く


⇒ラダーが緑色になり、モニタが開始されます。

モニターが開始される


⇒任意のアドレスの値をモニタしたい場合は、
SIMATICマネージャから【PLC - Monitor/Modify Variables】を選択してください。

任意のアドレスの値をモニタしたい場合


⇒変数テーブルウィンドウが開きます。

変数テーブルウィンドウが開く


【Address】にモニタしたいアドレスを入力します。(下図では MW10を入力しています。)
入力し終えたら、眼鏡マークのモニタボタンをクリックしてください。

「Address」にモニタしたいアドレスを入力


【Status value】の欄に現在値が表示されます。

「Status value」の欄に現在値が表示


【Display format】を変更することで、各フォーマットでのモニタが出来ます。

「Display format」を変更する

リファレンス

プロジェクトで使用されているアドレスを調べたい場合はリファレンスを使用します。


⇒SIMATICマネージャから【Options - Reference Data - Display】と選択します。

「Options - Reference Data - Display」と選択


⇒リファレンスデータを未作成の場合は作成ウィンドウが表示されます。

リファレンスデータを未作成の場合


⇒あるいはアップデートを促されるので、【Yes】ボタンをクリックします。

アップデートを促される


【Assignment】を選択し、【OK】をクリックします。


⇒使用リストが表示されます。
「X」が使用済みアドレス。タイマは使用済みタイマ番号が表示されます。

使用リストが表示


⇒フィルタをかける場合は、ウィンドウ上部のフィルタボタンをクリックします。

フィルタをかける場合


確認したい区分にチェックを入れ【OK】をクリックします。
(例では内部メモリ「M」とタイマにチェックを入れています。)

確認したい区分にチェックを入れ


⇒表示が「M」と「T」だけに絞られます。

表示が「M」と「T」だけ

SIEMENS取扱製品

会社案内パンフレットpdf

お問い合わせはこちら